骨粗鬆症になる前に早めの予防を【大切な骨を守る手段】

骨粗鬆症の予防に必要なこと~日頃の生活習慣も大切~

カルシウムが不足すると・・・

カルシウムは骨を形成する上で欠かせない栄養です。さらに骨は摂取したカルシウムを蓄えて骨の形成に役立てています。もし日ごろからカルシウムが足りず、骨を形成するのに十分な量を摂取していなかったら骨粗鬆症になる恐れがあります。予防のためにはカルシウムの摂取が必要です。

骨密度低下を防ぐために摂取したい成分

ウーマン

骨密度の低下を防ぐにはカルシウム

骨密度の低下を防ぎ、骨粗鬆症の予防をするためには骨にカルシウムを貯めなければいけません。厚生省によるとカルシウムの1日所要量は30歳の男女では600mgと言われています。なるべく意識的に乳製品を摂ることをおすすめします。

カルシウムの助けるためのビタミンD

カルシウム単体でとっても骨粗鬆症の予防にはなりません。カルシウムを補佐するビタミンDの摂取が必要です。ビタミンDは魚介類やきくらげなどから摂取可能です。

カルシウムを助けるためにマグネシウム不足を防ぐ

体内のマグネシウムが不足するとカルシウムの吸収が悪くなります。骨粗鬆症の予防にはマグネシウムも不足しないようにしましょう。マグネシウムはアジやマグロ、枝豆、バナナなどに含まれています。

カルシウムを助けるためにアミノ酸やビタミンKをとる

カルシウムを助ける成分としてはアミノ酸やビタミンKも摂取が摂取が必要です。アミノ酸はカルシウムの吸収を促進する働きをし、ビタミンKはカルシウムの骨の沈着に必要な成分となります。骨粗鬆症予防のためにも摂取してください。

骨粗鬆症になる前に早めの予防を【大切な骨を守る手段】

関節

骨粗鬆症の症状

骨粗鬆症とは骨の強度が低下して骨折しやすくなる症状の事です。驚くほど簡単に骨折してしまうようになり、例えば軽くつまずいたりするだけで骨折したり、咳やくしゃみをしただけであばら骨が折れたりする事があります。骨粗鬆症の骨折は自覚がない人がいる事も特徴で、発見が遅れてしまう事も多々あります。発見の遅れは治療の遅れにもつながりますので、骨に異変を感じたらなるべく早く受診しましょう。骨粗鬆症は日ごろの栄養摂取などで予防できますので、骨を意識して暮らしましょう。

ジョギング

骨粗鬆症予防のために生活習慣で気をつけたいこと

骨粗鬆症は生活習慣を気を付ける事により予防が可能です。まずは食事療法として、日ごろからカルシウムの多い乳製品やカルシウムの吸収を助けるアジやサンマなどのビタミンD、カルシウムを骨に沈着させるわかめや納豆などビタミンK類をメニューに取り入れるだけで効率よく骨を丈夫にできます。カルシウムを壊すタバコやお酒は控えると良いでしょう。お日様の下でウォーキングをすると骨を丈夫にする事も出来ます。食事、節制、運動をバランスよく取り入れて丈夫な骨を作りましょう。

骨粗鬆症対策の為にサプリを摂取している人から寄せられた口コミ

男女

カルシウムがしっかりとれてる気がします

骨粗鬆症の予防のためにカルシウムがしっかりとれるサプリメントを購入しました。カルシウム不足でイライラしていた気分も良くなり、体にカルシウムが浸透している気がします。

骨密度が上がりました

骨粗鬆症対策の為にカルシウムなどの予防成分が入ったサプリメントを購入し飲み続けていたところ、骨密度がアップしました。少しずつですが、効果を実感しております。

広告募集中